日展作家の父と山田常山(人間国宝)を伯父にもつ山田和氏の師・加藤唐九郎先生の技法を引き継ぎながら個性的で大胆な刷毛目茶碗です。大体の大きさは、高さ:約6,8cm、径:約15,4cm程度になります。20ャラリーの価格はかなり高額になります。【陶歴】1954年 愛知県常滑市に生まれる。1976年 大阪芸術大学芸術学部工芸学科陶芸コース卒業。1976年 福井県・越前陶芸村に築窯。1988年 ドイツにて穴窯制作(ヤン・コルヴィツ陶房)。記録映画「炎より生れる」制作に参加(マークスツエルナープロダクション)。1989年 ドイツにて作品制作、初窯。1993年  日本橋三越にて個展(以後隔年開催)2003年  銀座 黒田陶苑にて個展(第2回展2008年)2010年 「茶事をめぐって-現代工芸への視点展」に招待出品       主催/東京国立近代美術館工芸館2012年  銀座 黒田陶苑にて「瀬戸黒茶わん展」開催2013年  銀座 黒田陶苑にて個展開催 以降隔年開催2014年  銀座 黒田陶苑にて「土偶展」開催 以降隔年開催2017年  銀座 黒田陶苑にて「志野茶わん展」開催注意事項未使用品ですが箱は日焼け等あります。
カテゴリー:おもちゃ・ホビー・グッズ>>>美術品>>>陶芸
商品の状態:目立った傷や汚れなし
配送料の負担:送料込み(出品者負担)
配送の方法:らくらくメルカリ便
発送元の地域:兵庫県
発送までの日数:2~3日で発送